婚姻届の決意

婚姻届の作成に取り掛かれる。プロポーズも無事に成功して、それからはすごいスピードで色々な準備に追われる。順調に進んで無事に婚姻届が受理されるまで、気が抜けない。

婚姻届の次の計画

婚姻届と披露宴

この状況はかなり切羽詰ってるんじゃないだろうか。かなり焦ってきてるので、二人でもっと気合いを入れて作業を進めようと約束する。気持ちよく婚姻届を提出したい、その為には納得する挙式と披露宴にしないといけない。会場が決まったら、今度は演出等を考えていく必要がある。それに関しては彼女が前から思い描いているものがあるらしいから、それに期待しよう。婚姻届をどこに持っていくかも決める必要がある。やる事が多すぎるよ。

婚姻届以外の準備

翌日は朝からパンフレットとの格闘を始める。それが終わったら、今度は雑誌をくまなく見ていく作業が待ってる。婚姻届と同じ日にする為に、なんとしても今日中にフェアの予約を入れていく。最低でも1ヵ月分くらいスケジュールを埋めておこうと思う。しばらく会社と式場回りが続きそうだ。婚姻届を出して夫婦になるまであと10ヶ月。準備を早く終えてのんびりしたい。その後は新婚旅行も計画するから、当分の間は忙しさが続くのかな。

婚姻届は希望通りに

それから一週間もかかったけど、ようやくある程度の数は下見できる準備が整った。これで決まれば婚姻届も無事に希望通りに出せるはず。週末にははじめての下見、最初だから非常に期待してしまう。過剰な期待をしてはいけないけど、そうは言っても厳選して気になったところだからね。婚姻届の日取りもクリアできるところは、結局15件しか見つからなかった。その中の1件目から印象に残るところだと嬉しいな。いよいよとなると緊張してくる。